家族の命と幸せを守る唯一無二のコンクリート住宅

家は、家族の幸せを育む大切な場所です。
それがある日突然失われることなどあってはなりません。すべては大災害から家族の命と幸せを守るために。
コンクリート住宅はあらゆる震災において窓ガラス1枚も破損なく「無傷」を実現しました。

30年以内に約90%以上の確率で起きる
大地震を見据えた「無傷」の住まい

30年以内に大地震が起きる確率
30年以内に大地震が起きる確率

地震大国の日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくありません。
東海地震、南海トラフ、首都直下型地震などの巨大地震は今後30年以内に約90%の確率で起きると言われています。
優れたデザイン性や快適性だけではこれらの巨大地震から大切な家族と住まいを守ることはできません。



コンクリート住宅「ぞうの家」は
7つの性能3つの構造
大地震に負けない「無傷」の住まいを実現します。

世界に誇る7つの性能

コンクリート住宅「ぞうの家」の住まいは耐震性能に加え、耐久性能や断熱性能、耐火性能など
7つの住宅品質を徹底的に高めています。どこにも負けない日本一の総合品質力を実現しました。

7つの日本一
遮音性
耐震性
耐久性
耐火性
耐風性
断熱性
屋上利用

WPC工法、無傷の強さ3つの秘密

強さの秘密は、工場で一貫生産されるPCパネルと面で覆われた箱型の構造にあります。
WPC工法により建てられた、コンクリート住宅は地震に強く、安心な価値ある住まいです。
「ぞうの家」はこの3つの強さの秘密で地震に「無傷」の住まいを実現します。

PCパネル
箱型構造
固有周期
工法の強さ

PCパネルが強い

PCパネル

構造体の強さ。現場打ちコンクリートの2倍、ALCの10倍強い

工場で生産されるPCパネルは、適正な水分量と充分な養生をクリアした高品質なコンクリート。
現場打ちコンクリートの2倍、ALCの10倍強い理想のコンクリートです。
なんと、PCパネル1枚でジャンボジェット機を支えることが出来るのです!!

PCパネル

■圧縮(強度)グラフ

軽量鉄骨造とPCパネルの圧縮強度比較
構造体の強さ

箱型構造が強い

箱形構造(壁式工法)

建物全体で力を受け止める壁式工法

軸組工法の場合、「線」と「点」で外力を受けとめるために、柱や接合部分に負荷が集中的にかかります。腐朽・錆び・接合部不良等による柱や梁の部分的な破壊が建物全体の崩壊へとつながる危険性があります。「ぞうの家」(WPC工法)や2×4工法のような壁式工法の場合、床・壁・天井という全ての「面」で外力を受けとめるため、負荷を分散し強い抵抗力を発揮します。水平・垂直・斜め、どの方向からの外力にも建物全体で受けとめます。

ガラスが割れない理由

右図はWPC工法と軸組工法に阪神大震災と同じ力を加え、軸組工法が倒壊する寸前の各階ごとの変位の大きさを示しています。層間変位の比較では、WPC工法の変形量δは軸組工法の変形量δ’の1/6以下。 「ぞうの家」の構造体はほとんど変形せず、揺れにくい構造といえます。だから、阪神大震災でWPC工法全棟、窓ガラス1枚も割れなかったのです。

地震水平力の受け止め方の比較

■箱型は強い
地震水平力の受け止め方の比較

地震水平力の受け止め方の比較

■箱型は変形しない
地震による層間変位と変形量の比較

地震による層間変位と変形量の比較
地震に共振しないから強い

地震に共振しないから強い

固有周期

建物を倒壊させる共振現象にも、「ぞうの家」は無縁

地盤の揺れには特有の周期があり、大地震の場合には0.6秒から1.2秒の間にその周期があるとされています。地盤特有の周期と、建物の固有周期が一致して時に、揺れの方向が同調し、通常をはるかに上回る増幅された力が建物に加わります。これを共振現象とよび、建物の倒壊を引き起こします。「ぞうの家」の固有周期は0.16秒と非常に短いので大地震の地盤特有の周期には同調しにくい構造です。一方、軸組構造の場合は、両者の周期が近く、共振現象が起きやすくなります。

固有周期
地震に強い家造り

共振現象

子供の頃、ブランコに乗って揺れに合わせてこぐ(あるいは、押してやる)と次第に揺れが大きくなることは誰にでも経験がある事でしょう。これはブランコの固有周期とブランコをこぐ周期が合っているためです。このように、固有周期に合わせて周期的に力を加えると揺れが増幅されて大きくなっていく現象を「共振」と呼びます。共振すると小さな外力でも大きな振動となり、共振しなければ大きな外力でも振動は大きくなりません。

共振現象
共振現象

建物の固有周期

物体を振動させるとある一定の周期で振動します。建物も同じで、固有の周期で振動します。地震時、低層の建物は短い周期で激しく揺れ、高層の建物は長い周期でゆっくりと揺れます。建物が揺れて1往復し、元に戻るまでの時間を「固有周期」で表します。この固有周期は、建物の重量と剛性によって決まります。重量が大きく、剛性が低いほど固有周期が長く、剛性が高い建物では周期が短くなります。

建物の固有周期
間取
間取
間
		  取
間取
間取
間取
間取
間取
間取
間取

施工実例

LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
LDK
ぞうの家

コンクリート住宅「ぞうの家」

家づくりの流れ

ご相談から引渡しまでの流れをご紹介いたします。

01

ご相談

まず、お客さまの家づくりへの想いやご要望、家族構成、ご予算などしっかりヒアリングさせていただきます。

矢印
矢印

土地探し

希望しているエリアや広さが決まれば、土地の相場から大体の金額を算出できます。土地からお探しの方は、土地のご提案をいたします。

矢印

敷地調査

敷地調査では、敷地の状態、周辺環境、関連法規などを調査します。

矢印
02

プランのご提案

最適なプランをご提案し、お客様のイメージを確認します。

矢印
03

ご契約

ご提案したプランにご納得頂けましたら、ご契約です。
宅地建物取引士が売買契約に関する重要事項をご説明します。(必要なもの…手付金、印鑑)

矢印
04

建築確認申請

作成プランが建築基準法等に適合するかどうか、建築主事の確認を受けます。この審査に通って初めて、実際に建築することができます。

矢印
05

着工

いよいよマイホーム建築の始まりです。まずは基礎から作っていきます。

矢印
06

上棟

屋根の一番上の部材である棟木を取り付けます。骨組みが完成すると、マイホームの全体像が見えてきます。

矢印
07

大工工事

壁・床・天井・階段の設置、電気配線、クロス貼りなどの工程が行われます。事前に仕様の色決めなどを済ませておくとスムーズに進みます。

矢印
08

竣工確認

工事が完了すると、建物が契約・設計・打合せ通りに出来上がっているか検査をします。問題があれば手直しいたします。

矢印
09

お引渡し

工事が完全に終わりましたら、建物残代金のお支払と同時に鍵と保証書をお渡しいたします。

矢印
10

お引越し・ご入居

契約書の内容と現状に違いがないか、お引越し前に最終確認をして頂きます。チェックが完了して、お引越しです。

矢印
11

アフターフォロー

マイホームの完成はゴールではなくスタートです。ご入居後は、安心のアフターサービスがあり、ここから弊社との本当のお付き合いが始まります。

Top

お問い合わせ